すっかり開発はご無沙汰してました。

いえ、開発はやっていたのですが、出先企業様の案件を何件かお手伝いさせて頂きました。

そして気づけば2014年、昨年一つのアプリさへリリース出来なかった……。反省、反省、意気地なし、根性なし、またいつもの風に流されどこへやら。あぁ、こんちくしょう。今年は絶対リリース。このままでは若者の仕事場を創るなんて到底不可能じゃー

という事もあって、サーバーをクラウドに移転しました。と言っても、時間なくて友達に手伝って貰いました。

 

 

そして年が明けて2014年。「湾岸IT工房」を建てます。港区海岸に事務所を探してます。

  • 3Dプリンターとスキャーナーを調査中

123 のCubeと国産のSCOOVO C170 16万8000かな、3Dスキャナーポータブル 3D system [Sense 3D Scanner]33万と思いきや、 デプスセンサー kinect for Windowsで出来そうだ。123D CatchってiPhoneアプリもありそう。3dプリンター複合機 ZEUSにはスキャナーもついてるようで。24万9800とコレが夢のって。2万円の[Rebicon 3D Scanner]も欲しい、

  • e-Commerceを作成、取りあえずYahooShopが無料になっていたので申し込む。何か順番待ちのようで…。

自前も作らない事にはと思いwordpressのe-commerceテンプレート落として加工中。いや3ヶ月前に一度トライしたんですけどね。

  • 販促用、iphoneアプリ製作中、いつまでやっているんだろう。もうソースを見ただけじゃ思い出せないな…。

デザイナーに依頼して12ヶ月、そのあいだにUIはすっかり進歩を遂げて、ましてやColection ViewなんてのもXcodeに追加されて、ScrollViewで位置を設定してガチャガチャやった苦労はいったいどうなるのって感じです。

一番の問題は3Dプリンターは作成に時間がかかる事、コーヒカップ一個に6時間以上、それでもって振動に弱い、風が吹くと、もう焦点のズレが発生します。そして素材(石膏、アクリル樹脂、ナイロン、チタン、シルバー)を溶かすため熱が凄い。実際の製品にはまだまだハードルが高いのですが、だからと言って10年かかるかというとそうでも無いような気がします。技術の進歩は速いです。Windows 、iPhoneは5年で市場を独占しました。3Dは何処になる事やら。